【子供の年齢別】シングルマザーの恋人を作る時期の難しさ

うーん?悩むなあ。。

シングルマザーが恋人を作るのが難しいと思う理由のまえに、シングルマザーが作る恋人はたいてい子供好きを選びますね。私には子供がいるけどそれでもいい人、子供を可愛がってくれる人。中には子供のことはさておき、自分の恋愛に真っしぐらになっちゃう人もいますが。私は子供と接してくれる人を恋人にしてました。それでも作るのが難しいと思う理由の一つとして子供の年齢が鍵となると思います。私の経験上、小学生高学年から中学生の年齢の時が1番難しいと思います。
子供が幼稚園、保育園の5.6歳頃まではまだまだかまって欲しい年頃です。そんな中でママ1人で頑張るのには限界があります。仕事や家事でかまってあげられないこともあります。そんな時にパパの様な存在が現れたら子供はとにかく嬉しいんです。それくらいの子供にとって楽しい遊び相手になるからです。そのため子供は自然に馴染んでいけます。

小学生高学年になると、親よりも友達と遊ぶほうが楽しくなってきます。親の離婚、再婚なんかも理解できる年頃です。異性、同性にかかわらず、子供からしたら自分と母親のテリトリーに赤の他人が入ってくることを嫌がってきます。母親をとられたような寂しい感じにもなります。なのでこれくらいの年齢の子供がいた場合は恋人を作るのが難しいです。

次に恋人のことを考えます。子持ちと付き合ってもらって「申し訳ない気持ち」と「ありがとうの感謝の気持ち」があります。子持ちということから付き合うとしたら結婚を考えてしまいます。結婚を考えれるような人じゃないならお付き合いもしません。子供がいて自分だけ楽しくデートするような時間もありませんから。
それなら子供も含めたデートをしつつ、子供がいない日に2人の時間があれば2人でデートするようなことが出来る人を選びます。やはり子供1番、子供優先になるからです。

そういったことを踏まえて相手の本当の気持ちを知りたかったり、相手の包容力を望んでしまい、いつの間にか高望みになって恋人が出来ないというふうになるんです。 シングルマザーが異性を探すとき以上のような難しさがあるわけですから、自然な出会いを求めるのではなく、手っ取り早くシングルマザー 婚活をしていい人を見つけるのが早いと思います。

教習所について

3a4ac148bbdfbd17a686099c84929019_s

私は今、普通自動車の免許を取得するために自動車教習所に通っています。通う前から大変だろうなと思ってましたが実際に行ってみると思った以上に大変でした。学科は静かに聞いていれば次に進めるので楽でしたが後で試験があるので、その勉強が大変でした。実技はスゴく大変で何回、補習を受けたんだろうと自分でも分からない位でした。友達は私とは違う教習所に通っていて指名制度があるのでお気に入りの指導員と、ずっと教習をしていたらしく教習所は楽しかったと言っていました。しかし私が通っていた教習所は毎回、違う指導員と教習をするというルールがあったので大変でした。運転のやり方を覚えても次の指導員に変われば違うと言われ又、一 からやり直しで挫けそうでしたが何とか仮免を取得する事が出来ました。路上運転を今やっていますが緊張しながらですが一応やっています。その時に指導員から暴力を受けましたが普段でしたら怒っていましたが運転中だったので何もせず教習を終える事が出来て私も我慢強くなったんだと成長を感じられました。

戻れるものなら

私の職場は年齢層が高く、一番若くて40代後半です。
そんな職場に18歳のアルバイト君が入りました。その子が良く出来た子でおばちゃん達の言う事を素直に聞いてくれて自分から率先して動いてくれる様な、今時珍しい好青年です。
そんな若い子を目の前にして、おばちゃん達は「若いって素晴らしいね」と毎日ため息ついてます。
覚えも早いし、動きも早い。さすが10代!
最近ではおばちゃん達は戻れるなら何歳に戻りたいかと言う話題で盛り上がっています。
一人のおばちゃんは働き始めた20代だそうです。
現在55歳の彼女はちょうど青春時代がバブルの頃で 男性にお金を出してもらうのが当たり前だった時代。
アッシー君とかメッシー君とかいたのでしょうね。
その時代に戻りたいそうです。
私はと言うと、18歳かなぁ
人生の中で一番モテた頃。ドライブしたり旅行したり毎日がきらきら輝いていた時代。
あの頃に戻れるなら 結婚する相手も代えられるのになぁなんて考えたりして
でも、最後はもう戻れないから今を楽しもうと言う結果に落ち着きます。
50代だって楽しいぞって思える様に毎日自分磨きに励みます。

料理好きなパイロット

昨日はパパの友達が我が家にきました。先月にも来たので約1ヶ月ぶりです。その友達のお仕事はパイロットでフライトでこっちに来る時には寄ってくれます。昨日は私は体調不調だったので、パイロットの彼は料理も好きなので作ってもらうことにしました。買い出しにみんなで行って、おつまみとハンバーグとパスタ2種類作ってくれました。みんな美味しくて、また来月作ってもらうことにしました。そして子供達と私にお土産まで持ってきてくれました。子供達には英語の絵本とおもちゃ、わたしにはバスタオルでした。そのバスタオルは彼オススメのものらしく、普通のバスタオルの半分の大きさなのに吸いまくるみたいで最高とのことでした。使うのがとっても楽しみです。子供達も本もおもちゃも気に入って遊んでたので良かったです。月一でくる面白いパイロットさん、いつもありがとう。

離婚歴のある人ほど知っておきたい婚活の注意点

近頃では、結婚に失敗して、離婚歴がある人も珍しくなくなってきました。また、不運にも、パートナーを亡くしてしまい、未亡人や独り身になってしまった人も世の中にはいます。そのため、若くして離婚したり、連れ合いを亡くしてしまった場合には、ずっと独りで暮らしていくのも寂しいものですし、子供がいる場合には、お父さんやお母さんを作ってあげたいと言う気持ちから、再婚を考え、婚活をする人も少なくありません。それに、お見合い市場にも、このような出会いを求めるバツイチの人も多くいますし、離婚歴が二回や三回ある、バツニ、バツサンの人も探せば沢山いるものです。これらの結婚歴のある人が婚活をする際には、よく注意して相手を探さないと、再び失敗したり、後で後悔することもありますので、気をつけるようにしましょう。

[相手が魅力的でも結婚を焦らないこと!]

婚活サイトやお見合いパーティーに参加する人の多くは、結婚したいと言う気持ちがあり、どうしても相手が見つからないと言う理由から、このような出会いの場を求めているケースがほとんどです。そのため、真剣に付き合う人を求めている場合も少なくありません。バツイチの人がこのようなサービスを利用するのも、再婚相手を探すのには良いことですが、良い条件の人がいたからと言って、すぐに再婚相手として飛びつくのは良くありません。特に子供がいた場合には、将来的には義父や義母になる可能性もある相手ですので、外見が良かったり、収入が高い、優しくて明るいなどの長所が沢山あったとしても、じっくりと付き合う期間が必要となります。

[収入だけで相手を探さないこと!]

また、シングルマザーの中には、経済的な問題から、再婚相手を探す人もいますが、これもあまり良くないことです。そもそも、婚活市場にいる男性でも、元から子供を育てて、義父になりたいと希望している人は少ないものです。最初に相手の女性に惹かれ、一緒にいたいと考えてから、女性の子供も自分が親として育てていくと決心をする人がほとんどです。そのため、何が何でも再婚相手を探すと言う女性の場合は、男性もひいてしまう可能性もあるのです。まずは子供との生活基盤をしっかりと築き、それから余裕が出来れば、一緒に人生を歩くパートナーを探すほうが、子供にも良い方法です。これはシングルファーザーでも同じことで、収入はあるため、家事や育児だけをして欲しいと相手に希望する男性もいますが、相手が初婚で、何もかもが初めての場合には、戸惑うことも多くなります。このようなことも踏まえて、再婚した後でも、育児や家事なども積極的に手伝うようにしましょう。